賃貸物件をさがす方法の解説。いい物件の見つけ方、契約時・退去時の注意点の解説、賃貸に関する疑問解決

shiharaiokure

家賃の支払いが遅れたため、遅延損害金も請求されました。

消費者契約法では年14.6%を超える遅延損害金は取ってはいけないこととなっています。14.6%を超える部分については無効となりますので、賃貸借契約書に記載されている数字を確認してください。
家賃は家主さんに代わってが集金するケースが通常です。不動産会社も家主さんから信頼を失いたくないため、抑止力のために遅延損害金を取っているところもあります。
どうしても指定日までに払えないことが明らかな場合は、相談してみましょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional